オバサン空を飛ぶ!

御年50を超えたオバサンが果敢に空を飛びます!

世界遺産!2019年新指定!

お久しぶりです。

ちょっとブログさぼり気味…ごめんちゃい。

 

2019年の世界遺産委員会が終了しましたね!

今年はアゼルバイジャンのバクーで開催されていたんですが、7月10日をもちまして、全予定が終了したみたいです。

結果、大阪の仁徳天皇陵を含む29個(文化遺産24個、自然遺産4個、複合遺産1個)が新しく世界遺産として指定されました。

訪問後に指定された遺産を既訪問世界遺産数として数えるマニア、数えないマニア、いろんな方がいらっしゃいますが、オバサンは単に数が増えるのがうれしい!という性格なので、指定される前に訪問した遺産も訪問遺産数にカウントしてます(笑)。

 

今年の新指定遺産中、以下の5個はすでに訪問ずみでした!というわけで、全訪問数も280を超えましたよ~!

 

シェンクアンのジャール平原(ラオス

バガンミャンマー

ジャイプールシティー(インド)

ヴァクナヨクトル火山地帯(アイスランド

フランクロイドライトの20世紀の建築(アメリカ)

 

この中で一番思い出深いのは、シャンクアンのジャール平原。ビエンチャンからシャンクアンまでラオ航空の国内線で飛んで、空港でタクシー?チャーターして、見に行きました。

すごい牧歌的な田んぼの中に、遺跡があります。おっきな石の壺がごろごろ転がってます。人もほとんどいなくて、し~んとしてて、ちょっと不思議な雰囲気でした。

f:id:obasanflying:20190721164256j:plain

こんな感じでごろごろしてます。

f:id:obasanflying:20190721164230j:plain

 

見学後は、シャンクアンのホテル?に1泊したんですが、この日は夕方から大嵐!!!大雨の上に、すごい風!日中は半そでで暑いくらいだったのに、気温も急に下がって、夜はホテルのベッドで布団をかけていても、寒くて寒くて、ほとんど寝られず。とんでもない夜を過ごしました。

次の日も嵐は続き、どこにも行けず、午後の便でビエンチャンにとんぼ返りするしかなかった。

今となってはいい思い出です(笑)。

 

今年は年始の旅行以後、旅立ててないので(涙)、旅行のことを思うたびに、ため息ばかり出てしまいます。

 

早く秋にならないかなあ…秋の休みが本当に待ち遠しいです。

 

ぐっすん…

JRえきねっとのいまいちな件

関東は良い天気です~。

 

友人がめずらしく国内旅行をするらしい。

この友人、いつも海外旅行なひとなので、思わず、どこ行くん?!と聞いたところ…

東北!とのお答え!

 

往復の飛行機はすでに予約済みらしいんですが、秋田から青森まで、「リゾートしらかみ」なる、JRの特別列車を使いたいらしい。

 

でもって、ご質問…

「どうやって予約したら取れる?」

 

へ?!

 

海外旅行はそこそこ頻繁に行くオバサンですが、国内旅行は出張以外ではあまり行くことがなく…

しかも、空族なオバサンとしては、JRの知識は皆無…

仕方ないので、ネットで調べてみると、リゾートしらかみは秋田~青森間、五能線という海沿いを走る在来線を利用した、今流行りの特別列車らしい。

この五能線、もちろん(失礼!)単線の典型的な地方在来線で、廃線の危機だったのだけど、沿線の絶景が幸いし、こういう特別列車を運行することで、存続決定となったとか…

かなり人気があるらしく、連休がらみなどの繁盛期には、予約が取れないらしい。特に海側の座席は、さらに競争率高い模様…

 

老後、オバサンたちも鉄道で国内旅行することもあるかも?!と思い、暇なときに(最近しょっちゅう暇ですが…(笑))、JRみどりの窓口で聞いてみた。

 

リゾートしらかみなんですが、どうやったら予約取れますか?」

 

窓口のおにいちゃん曰く、

「発売開始は乗車日ちょうど1か月前の午前10時ですが、その1週間前に”えきねっと”から事前予約というのができます。これは座席を確約するものではありませんが、10時きっかりに窓口に行ったり、えきねっとで購入したりできない方にもお買い求めいただけるようにしたサービスです。」

 

ほぉ~!JRもなかなか気が利いてるじゃん。

確かに、乗車ちょうど1か月前が、土日や祭日ならともかく、平日だった場合、10時にネットの前に張り付いたり、みどりの窓口に行ったりできるとは限らないですもんね。

 

というわけで、友人にその旨説明し、1か月と1週間前にえきねっとでの予約を促しました。

 

ところが!!!

 

事前予約してみると、座席の指定ができないというのです。

オバサンも試しに、えきねっとで同じ切符を入力してみると、座席の属性(というのか?)は入力できるんですが、車両のどちら側ということは指定できませんでした。

 

仕方がないので、またまたみどりの窓口で聞いてみると、座席は結局、事前予約したとして、発売日(1か月前)の10時に、座席がまず確保できるかどうかが決まり、できた場合は順次、指定座席を割り振っていき、つまりどっち側とか関係なく、勝手に決められてしまうらしい。

 

でもって、どっち側の座席に割り振られたかは、10時以降に発券機で発券してみないとわからない!!!んですと!

 

その時点で、希望の側でなかったら、みどりの窓口に並んで、変更するしかない!んだそうな!!

 

結局、友人@いちおう勤め人の往路は、発売日1か月前が木曜日だったこともあり、10時に発券機に行くことができず、どうにか午後3時過ぎに会社を抜け出して発券に行くと、案の定、希望とは反対側(山側)の座席だったそう。

すぐにみどりの窓口に並んで変更をお願いしたけど、時すでに遅し、海側には全く空席なし!(山側も5席くらいしか空いてなかったみたいですが…)

「席が確保できただけでもましか…」とあきらめたとのこと。

 

これに対し、復路は発売日が土曜日だったので、10時前に発券機の前でスタンバイ。

同じような方々がいるようで、みんな、10時前に発券機を確保して待ってます(笑)。

友人は、復路も不幸にも山側、でもすぐにみどりの窓口にならんで、海側に変更希望をお願いしたところ、あと2席!!!空いていて、無事に変更できたんだそうです!!

 

よかったね!!

 

しかし…えきねっと!!いけてない!!

この面倒くささ、どうにかならんかな?!

 

ネットで調べてみると、他にも同様の経験をした方の記事とかあって、やっぱり評判悪し!

 

結局、一番簡単に希望列車の希望の座席を取るには、発売日10時に窓口でスタンバるのが確実そう。

というのは、事前予約の座席も、10時から順次割り振られるので、発券機に10時ぴったりにカードを通しても、まだ機械が割り振りを終わってないことがあり、早すぎてはねられることがあるみたい。

10時数分まで待って、発券して、希望通りじゃなかったら窓口に並んで…という時間を考えると、最初から窓口で9時58分くらいに行先等希望を言って、10時に窓口の人にリターンキーを押してもらうのが一番よさそう!

 

昔、JTBに努めていた友人が、北斗星だかなんだかの指定をとるために、毎日10時前に入力して、10時ぴったりにリターンキーを押す「10時当番」というのがあったと言ってましたが…

 

10年以上経つけど、今もまったく変わってないみたい…

 

JR…がんばってくれ~!と心から言いたいオバサンでした。

2018/2019年末年始!西インド旅行~!準備編

たまには旅行記もいいんじゃない?!(笑)

 

2018年末~2019年始、オバサンたちは久々、インドに旅行しました!

初めてインドに行ったのは、かれこれ、18年前!

おっちゃんはその後、仕事で何回か行ってますが、オバサンは18年ぶりに、2回目のインドです!

 

インドは広い!

前回はおきまりの人気コース、デリーとアグラに、なぜか東部のプリーという町に行きました。世界遺産のコナーラクはプリーから近いです~。

 

今回は西インド!

ず~っと行ってみたかった、エローラ、アジャンタねらいです!

 

といっても、この2か所だけでは、日程が余るので、某秘境専門旅行社のルートをまねて、オウランガバードから北に抜けて、サーンチーにも行ってきました。

それでも1日余裕があったので、ついでにジャイプールにも足を延ばして、10日間の日程で、世界遺産はなんと!7個!も訪問してきました!

 

日本からは、ソウル発券のJAL利用。ビジネスクラスを奮発しちゃいましたよ~。

ソウルー東京間は、得意?!のANAで特典航空券利用です。JALで片道特典航空券を発券して、ソウル発券の無限ループにはまる!というのもアリだったんですが、転職のことがあったので、1話完結のほうが良いかなと思い、3月にソウル発券の最終セグと、ANAの特典航空券残りで弾丸ソウルを満喫しました。ま、ソウルは1泊2日でも、かなり楽しめますけどね。

 

問題は、インドって、ビザが必要なんです!

eVISAとかいうものになっていて、といっても、全部がネットでできるわけではなく、ネットで書類作って、印刷して、大使館に申請に行くという、いかにもインド的なシステム(笑)。

しかも、このeVISAの作成ページが…

 

ちょ~気まぐれ!(爆)

 

めちゃくちゃ記入事項が多いんですが、何ページもあって、うまく次のページに進めるときもあれば、エラーになることもあるという、公式文書としては珍しい、きわめてインド的な感じです。

しかも、エラーになったら、そこまでの内容を保存をしたはずなのに、最初からやり直しになることもあり!で、オバサン、結局3回くらいやり直しました(爆)。

 

申請は、東京のインド大使館に行かねばなりません。大使館は九段にあります。

申請した方々の記録をネットで読んでいると、窓口の担当者がちょ~細かくて、ちょっとでも間違っていたら、「やり直し!」と突っ返されるとか?!

でもって、その場にPC持ってれば、訂正して、プリント料(千何百円かとられる)払えば、プリント→申請も可能ですが、そうじゃなければ、帰宅、作り直し、再度出向く…ってことになりそう…

申請はおっちゃんが行ってくれたんですが、なぜか、まったく問題なく、ちょ~簡単に申請できたみたい。

恐るべし?!おっちゃんパワー!

 

インド国内の移動は、基本、航空機使えるところは使いました。時間の節約になるし、それほど高くないっていうのもあります。

インドはエアインディアだけでなく、LCCがめっちゃ飛んでます。

ムンバイーオウランガバード、ボパールーデリー、デリーージャイプールと3便利用。どれも1セグ5000円くらいで、遅れも最大1時間程度でした(これを小さいとみるか、大きいとみるか?!(笑))。

 

オーランガバードからボパールは、個人ではなかなか移動が大変そうだったので、事前に現地旅行社に車+鉄道を手配してもらいました。

インドの鉄道は思ったよりも快適。遅れも1時間くらいでした(これを小さいとみるか、大きいとみるか?!(笑))。

 

年末ということもあり、ムンバイはめっちゃ人が多かったですが、他の都市はそうでもなく、天気も良くて、インドと思えない、ゆっくりとした旅行ができました(笑)。

 

最終的な日程は以下の通り。

1日目 NRT-DEL

2日目 DEL-BOM 午後ちょっと観光

3日目 チャンドラ駅見学、夕方BOM-IXU(Aurangabad)

4日目 エローラ

5日目 アジャンタ

6日目 オウランガバードからボパール移動

7日目 サーンチーとビンベトカ

8日目 BOP-(DEL)-JAI、午後ジャンタルマンタル見学

8日目 午前アンベール城見学、陸路デリーへ DEL-

10日目 -NRT

 

3日目にエレファンタ島に行こうかと思ったんですが、人の多さにくじけました。ま、ムンバイはまた行くことがありそうなので、その時まで取っておきます(笑)。

 

次は旅行記予定です~(いつ?)(笑)。